· 

今年の終わりに その1

コトリンゴさんのライブへ行ってきました

 

あまり絵と関係ない話ばかりはどうなんだろうと思いながらも、好きな歌手や好きな本についても、これからボチボチあげていくつもりです。

 

そうです。

ライブへ行ったのです。

 

感想ですか?

 

愚問です。

 

最高です。

 

最高でした。

 

ラストのアンコールで、コトリンゴさんの歌の中で一番大好きな「たんぽぽ」を歌ってくれて、

 

あー、今日はなんて日だ!

 

と、心の中で叫びました。

 

心が叫びたがってました。

 

会場を出ると、恵比寿はライティングでピカピカでした。

 

この夜景が、今年一番の景色でした。

2017年

 

もう、終わりますね。

 

今年は、衝撃的な出来事が2つありました。

どちらも、良くない方の衝撃です。

 

でも、よくよく思い出すと、いままでどんなことがおきても、全部積み重ねて、今を築いてきました。

 

そうです。

 

年末なので、ちょっと真面目です。

数年前に離婚をして、こんな辛いことがあるのかと思っていましたが、それはただの序章でした。

 

今まで身につけてきたものが何も通用しない世界に放り込まれて、社会の歯車の中で、子育てと仕事だけの毎日に必死で耐えて

 

こんな状況に落ちたことについては、今までの自分に反省点があるんだから、仕方ないんだと思って過ごしていましたが

 

でも、一つ

 

絶対に譲れない気持ちがありました。

 

それは、私は絵描きだ、という気持ちです。

 

絵というのは、その人の精神だと思っています。

だから

もし

仮に

誰も見ていないから、物事を適当に済ませていいだろう、

とか

 

頷けない話でも、適当に相槌をうってノリを合わせればいいだろう、

とか

 

そういうことをしてしまうと

私は絵と向き合えなくなります。

 

こんなことを書くと、大真面目な人間に思われますが

(そうでもない?先日、旅先で射的に行き、玉が無くなって、拾って打とうとして怒られましたよ!)

 

話を戻して、

だから、周りの人間は、頑固な私に苛立ちました。

でも譲れないものは譲れないんです。

 

転機は今の夫との出会いです。

 

2年程前でしょうか

 

結婚って、家庭ってこういうものなんだと、ゆっくりと実感しています。

 

だからなんですが、今後描きたいと思っている絵のテーマの一つは「家族」です。

 

一連の経験が、私に「子供」と「家族」についてを考えさせました。

 

明日のブログへつづきます。