「 そのときを待って 」


そのときを待って
鉛筆 235x330mm 2017年

準備が整ったので

 

家を出た

 

春の風が頬を撫でる

 

ひどく傷ついていたときに

 

桜の花びらが舞う中を自転車で走り抜けた

 

花びらの1枚1枚が

 

鋭利な刃物のように思えた

 

もうこれ以上は耐えられないと思っているのに、次々に私を切りつけていく花びらが

 

とても無邪気に

 

宙を舞う


※画像をクリックすると拡大します

2018年1月16日発行のしんぶん赤旗(10ページ学術文化面)に掲載されました