· 

色で遊ぶクレヨン/株式会社ベネテック

時々画材屋さんで見かけていたそれ

 

難しいな

 

と、躊躇していました。

 

新しい画材を使うときにいつも感じていること

 

それはまるで、未開拓の島へ冒険に出かけるような気持ちに似ています。

 

いやいや

 

まだこの島ですら攻略出来ていないのに

 

また新たな島へ行くなんて

 

言葉にすると、その画材についてはそんな気持ちでいました。

 

そんな未開拓の地へなんの迷いもなく飛び込んで行く人がいました。

 

さわちゃんです。

 

お名前は本人の承諾を取っていないので、匿名「さわちゃん」とさせていただきますが

 

さわちゃんは現在たぶん93歳です。たぶんというのは、その当時は誕生日も生まれた日ではなく自由に付けていたそうで、だからたぶん93歳です。

 

さわちゃんは絵描きさんなのですが、縁があって仲良くさせていただいてます。

 

そんなさわちゃんのアトリエに先日遊びに行ったのですが

 

なんと

 

さわちゃん

 

このクレヨン、購入していました。

 

そして得意げに私に自慢してきました。

 

「綺麗でしょ、このクレヨン。

この間画材屋で買ったのよ。

あげないよ、あんたは若いから買いに行くの簡単だけど、私は大変なの」

 

別にくれって言ってないけどあげないと言われました。

 

まだ未使用とのことで、使ってみるように勧められたので、試しに紙に線を引いてみましたが、思った以上の発色に驚きました。

 

さわちゃんは、私がアトリエへ遊びに行くと、「私たちは絵描きなんだから描かなくちゃ」と、モチーフを用意して待っていてくれます。

 

その日もモチーフを用意して待っていてくれました。

 

ただ、なんの思い入れもないモチーフを描くのって難しいです。

 

私がつまらない絵を描いていると、横から「絵は楽しんで描かなきゃ」と言ってきました。

 

さっき借りたクレヨンでそのつまらない絵に落書きをしてみました。

 

「そうよ、そうよ!

そうやって遊んだ方がいいわよ

楽しんで描くの」

 

と言いました。

 

37歳の私が躊躇していた画材を前に、93歳のさわちゃんはその画材で楽しそうに遊んでいました。

 

 

後日、「色で遊ぶクレヨン」を購入してみました。

 

なんてことはない

 

線を引くだけで

 

表現はどこまでも広がる

 

こんなに楽しい画材

 

さわちゃん、教えてくれてありがとう。

 

商品名/色で遊ぶクレヨン

発売元/株式会社ベネテック

購入店/世界堂町田店

価格/800円(税抜)

私の筆圧が強すぎて、ボキボキに!

 

きれいに線を引くコツは、ちょっともったいないけど、先端を購入時のように平らに削ることです。